• 保護者の皆さま
朝日新聞とベネッセが共同開発した「実践的なことばの力」を測る検定がある!?
コミュニケーションの土台となる語彙力・読解力を総合的に測定できる!
「ことば」を知ることで世界が広がる!
お子さまと同じ目標を持って一緒に学べます!
朝日新聞xBenesse『語彙・読解力検定』
コミュニケーションの土台となる語彙力・読解力を総合的に測定できる!

『語彙・読解力検定』は、単なる網羅的な知識量測定にとどまらない、「社会生活の中で実践的に役立つことばの力」の測定を狙いとしています。

⇒社会生活のあらゆる場面・相手にも対応しうる「実践的なことばの力」を正確なモノサシ(IRT)で客観的に測定する。それが、『語彙・読解力検定』。

『語彙・読解力検定』の3つの特長
ページ先頭へ
「ことば」を知ることで世界が広がる!

『語彙・読解力検定』では、以下の3つの出題領域から「ことばの力」を測定します。詳しくは出題内容のページをご覧ください。
 偏りのない幅広い知識が問われますので、検定対策を通してそれまで興味を持てなかったジャンルのニュースなどに興味を持てるようになった、との声もいただきます。
 辞書語彙(社会とつながるための基盤):国語辞典に載っている語句を中心に出題
 学習の基本から日常生活、ビジネスの現場まで、様々な状況で使われることばをどのくらい使いこなせているかを測定します。
 新聞語彙(社会への視野を広げる知識):朝日新聞に一定頻度、掲載された時事用語を中心に出題
 「社会(国際・社会・法政治・経済)」「科学技術」「医療・生活」「文化」の4つの分野に分けて測定します。
 読解(社会を読み解くスキル):天声人語や社説、コラムや書評など、大学入試でも多数出題されている朝日新聞の記事や一般書籍から出題
 簡潔な文章から抽象度の高い文章まで級のレベルに応じた文章を厳選し、現代社会や他者の考えを的確に読み解く力を測ります。

⇒「受検結果通知」では合否結果やスコアだけではなく領域別・分野別の力のバランスもわかるため、強化すべきポイントを知ることができ、効果的に学習することができます。詳しくはこちら

新聞語彙の4つの分野客観的な結果通知とアドバイスが嬉しい!
ページ先頭へ
お子さまと同じ目標を持って一緒に学べます!

「語彙力」「読解力」はすべての教科の土台となる力です。 教育現場から「ことば」がわからない子どもが増えていると危惧する声が聞かれます。 子どもたちは「ことば」がわからないために先生のいっていることが理解できず、授業についていけなくなってしまったり、新聞やニュースの意味が読み解けず、社会への関心を失ってしまったりします。また、大人からも自分が常識的な「ことばの力」を持っているか把握したいとの声があります。

⇒『語彙・読解力検定』はそんな声にお応えして生まれた新しい検定です。お子さまは学校での学びとは違う角度から力をつけることができ、保護者のかたはご自身の「ことばの力」を把握する楽しみを味わえます。

子どもたちはどんな言葉が「わからない」?対象級・検定時間

ページ先頭へ

おうちの方へのおすすめ級

準1級
「語彙力」「読解力」に自信のある方にオススメ
2級
まずは試しに受けてみたい方にオススメ

お子さまへのおすすめ級

3級
小学生でもことばの力に自信のあるお子さまにオススメ
bg_text_book_top button_about_top_01
button_about_top_01
button_about_top_01
ページ先頭へ