※掲載内容(学校名・学年)は、取材時のものです。
片山 晋作さん

片山 晋作さん

名古屋大学教育学部附属中学校 1年
3級受検

検定で勉強したことが、学校の授業で役に立った!

語彙力、読解力にあまり自信がなかったので、『語彙・読解力検定』を受検することで、自分の使える言葉の数を増やしたいと思いました。また、自分の力がどのくらいのものか試してみたかった、というのも受検のきっかけです。

検定の対策としては公式テキストの『合格力養成BOOK』と辞書を使いました。通学中にテキストを読んだり、興味を持ったことやわからないことをメモして、後から調べたりしていました。公式テキストは読みやすくて、初めて知ることもあったので、楽しく読むことができました。

受検したことで、自分の語彙力、読解力を試せたことがとても嬉しかったです。検定を通して勉強した言葉を学校の授業で使って、みんなから「スゴイ」と言われたことがあり、受検して良かった、と思いました。

次の級も同じように…とはいかないと思いますが、もっと上の級も楽しんで受検していきたいですし、楽しんで受検できるよ、と人にも薦めたいです。

堀江 樹さん

堀江 樹さん

大阪市立長吉西中学校 3年
3級受検

自身がつき、勉強のモチベーションが上がりました!

私は「進研ゼミ」中学講座内の広告を見て『語彙・読解力検定』を知りました。

高校受験に向けて、自分のスキルや自信につながるなにかが欲しいと思っていたので、受検を決めました。

受検前は公式テキストの「合格力養成BOOK」で勉強したり、いろいろなニュースを見たり、さまざまなジャンルの本を読んだりしました。公式テキストの演習問題は検定の練習になったので、やっていてとても良かったと感じました。

今回3級に合格したことで、自信がつきました。また、勉強するモチベーションが上がり、受検して良かったなあ、と思っています。高校受験に対するプレッシャーも少し減りました。次回は準2級を受検して、さらにステップアップし、自分のスキルアップや自信につなげていきたいと考えています!

佃 ゆり菜さん

佃 ゆり菜さん

愛知教育大学附属名古屋中学校 2年
3級受検

受検対策で覚えたことが自分の知識となり、高校受験の自信に。

もともと国語は得意で、公式サイトの出題例は簡単にわかったため、「受かるのでは?」と思い受検を決めました。「高校入試に役立つ資格を取っておいたら?」と、親に薦められたこともきっかけです。

受検前は公式テキスト『合格力養成BOOK』をくり返し解いて、難しいことばはその意味とセットにしてノートにまとめました。公式テキストは赤シートで隠せますし、イラストもついていてわかりやすかったです。そのため検定対策として暗記していたことがしっかりと記憶に残り、検定に合格することができました。

知っていることばが増えたため、ことわざや熟語を交えた文が書けるようになったり、会話に取り入れたりできるようになり、ことばの豊かな生活を送れるようになりました。大人っぽくなれたと思いますし、賢くなれた気がします。これから高校受験や大学受験を乗り越えていくのに、ここで養い、増やした「語彙力」「読解力」を生かしていこうと思います。一生役に立つことが学べて良かったです。こうやってこれからも成長できたらな、と思います。とても良い検定だったので、次は準2級を受けてみようと思います。目指せ「1級」です。

段 佑里さん

段 佑里さん

大阪市立夕陽丘中学校 2年
3級受検

苦手だった国語を好きになることができました。

国語が苦手でことばの意味がわからなかったり、読解力がなかったりしたため、少しでも力をつけたいと思い、同じクラブ活動の友だち2人を誘って『語彙・読解力検定』を受けることにしました。

検定までは公式テキスト『合格力養成BOOK』を使って勉強した他、新聞を読んで時事問題の知識を得ました。わからないことばもありましたが、調べながら読んだため語彙を増やすこともできました。

検定後は、授業で先生の言っていることがよく理解できるようになりました。国語力が向上したのだと思います。また、社会の動きが気になるようになり、新聞を読みたいと思うようになりました。苦手だった国語も好きになることができました。国語が得意な人はもちろん、苦手な人にも薦めたい検定だと思います。

ページ先頭へ